mess_TelandOpenday
line_kamome
line_kamome
line_kamome

公益社団法人日本鍼灸師会会員
一般社団法人大分県鍼灸マッサージ師会会員
大分市指定はり・きゅう施術所
大分県教職員互助会指定施術所
生活保護法による大分市指定施術所

logo_yawaragi

大分県大分市府内町1丁目にある男性・女性鍼灸師常勤のはり・きゅう・整体治療院。

☆ 私たちの鍼灸施術について

☆ 局所単収縮鍼療法
  (トリガーポイント鍼療法)


☆ その痛みは筋攣縮が原因

☆ 鍼灸施術後の注意点

☆頭部
 ・頭痛
 ・顔面神経麻痺
 ・顎関節症
 ・しゃっくり
 ・睡眠時無呼吸症候群

☆首・肩・体幹
 ・斜頸
 ・首・肩こり
 ・寝違え
 ・背中の痛み
 ・腰痛
 ・殿部痛

☆四肢
 ・スポーツ障害
 ・五十肩
 ・テニス肘
 ・ゴルフ肘
 ・手の親指の痛み
 ・股関節の痛み
 ・恥骨結合炎
 ・膝痛
 ・坐骨神経痛
 ・股間の痛み(陰部神経痛)
 ・ふくらはぎのむくみ
 ・ふくらはぎの痛み(肉離れ)
 ・足底筋膜炎・足底腱膜炎

☆男性のみ
 ・慢性前立腺炎

☆女性のみ
 ・不妊鍼灸

坐骨神経痛の鍼灸施術について説明します。

~坐骨神経痛の原因~

まず、坐骨神経痛とは病名ではなく、その症状を現す言葉です。
臀部から足の背面にかけてしびれ感や痛みの症状があります。
この部分を通っている坐骨神経が、なんらかの影響を受けることが
原因とされています。


~まずは整形外科での画像診断が必要です~

この坐骨神経痛の症状が出てくる病気には、腰部椎間板ヘルニア・
腰椎すべり症・腰椎分離症・脊柱管狭窄症などがあり、
整形外科での画像診断が必要です。


~鍼灸施術が対象となる坐骨神経痛~

画像診断で、原因がはっきりとしない坐骨神経痛が鍼灸施術の対象です。
ただし、腰部にヘルニアや狭窄があっても、坐骨神経痛症状の出ない方も
いらっしゃるようです。

坐骨神経は、腰や臀部の筋肉の間を通っています。
長時間のデスクワークやクルマの運転で腰の筋肉が痛くなったり、
足になんらかの負担がかかって臀部の筋肉が強張り硬くなると、
坐骨神経が圧迫され坐骨神経を取り巻く栄養欠陥の血流が障害され
この症状が出てきます(神経絞扼障害といいます)。

これら腰や臀部の筋肉は皮膚表面から深いところにありますので、
その筋肉や神経に直接作用できる鍼施術が効果的です。


~坐骨神経痛の鍼灸施術方法~

当院での具体的な鍼施術の方法について説明します。

神経絞扼障害によるものと推測され、腰の筋肉に原因がある場合は、
「腰痛施術」の鍼施術と同じように大腰筋や腰椎周辺の多裂筋への
刺鍼を行います。
臀部の筋肉(梨状筋)が原因の場合には、この梨状筋へ直接刺鍼する
ことで梨状筋を緩めていきます。

原因となっている筋肉への刺鍼でも症状が軽減しないときは、
坐骨神経へ刺鍼、あるいは刺鍼と同時に電気パルスによる刺激を
加えることにより症状を軽減させます。

前述のように、神経の周囲には神経を栄養する血管があり、
坐骨神経痛ではこの栄養血管の血流不良、つまりは坐骨神経への
酸素供給と栄養供給の不足が原因の一つとも考えられています。

坐骨神経への絞扼障害を取り除いたり、電気パルスによる刺激で、
神経周囲の血行が改善し症状が軽快するとされています。

また、坐骨結節(座ったときにお尻の座面が当たるところ)の
周辺の筋肉が異常収縮して、同様の症状が出ることがあります。
触診すると、この部分がゴリゴリしているのが触知できます。
このゴリゴリした筋肉が、椅子に座った時などに神経を圧迫するため、
坐骨神経痛の症状がでます。
この異常収縮した筋に鍼施術をすることで、異常収縮が治まり
神経圧迫が改善され、座骨神経痛が改善されます。


**この記事の掲載開始:2014‎年‎11‎月‎12‎日
**更新・加筆修正:2017‎年‎1‎月‎21‎日


line_kamome
line_kamome
line_kamome

Copyright(C) 2009-2018 funai-yawaragi.com All Rights Reserved.

ご予約・お問い合わせは

mess_TELnum_close
pic_lumbar
アクセスカウンター
btn_gojokai
btn_kokuhojosei
mess_address
fig_parking
btn_askme
btn_question
btn_linkout
btn_funin
btn_bigan
btn_hajimete
btn_shinQ
btn_toppage
btn_eisei