mess_TelandOpenday
line_kamome
line_kamome
line_kamome

公益社団法人日本鍼灸師会会員
一般社団法人大分県鍼灸マッサージ師会会員
大分市国民健康保険および後期高齢者医療保険指定施術所
大分県教職員互助会指定施術所
生活保護法による大分市指定施術所

logo_yawaragi

大分県大分市府内町1丁目にある男性・女性鍼灸師常勤のはり・きゅう・整体治療院。

睡眠時無呼吸症候群の鍼灸による補助療法について


睡眠時無呼吸症候群の方で、医師の指導のもと、経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)に
よる治療を受けている方を対象に、その補助療法として鍼施術を行っています。

睡眠時無呼吸症候群には、
1)閉塞型睡眠時無呼吸症候群:上気道の閉塞と開大によるもの。
2)中枢型睡眠時無呼吸症候群:呼吸中枢(脳)の何らかの障害によるもの。
3)チェーンストークス呼吸症候群:中枢型の無呼吸と低呼吸、過呼吸を繰り返す。
4)睡眠時低換気症候群:睡眠中のPaCO2(血中二酸化炭素濃度)の異常増加による。
の4タイプがあり、鍼灸の適用となるのは、1)の閉塞型のみです。

閉塞型睡眠時無呼吸症候群では、原因部位のほとんどは上咽頭(軟口蓋部)と
中咽頭(舌根部)ですが、鍼灸施術では上咽頭部の処置はできません。
そこで当院では、中咽頭部に原因がある場合にのみ効果が期待できる施術を
行っています。

中咽頭部に原因がある場合、仰向けに寝ると重力のために舌が落ち込んで舌根部が
狭くなり無呼吸が出やすくなります。そこで、舌の動きに関係する筋(顎二腹筋、
オトガイ舌骨筋、等)へ刺鍼により筋の運動機能の改善を図ります。

また、鼻の通りをよくすることを目的に、鼻根筋と上唇鼻翼挙筋への刺鍼により
鼻腔を広げます。

CPAP治療中の方は、上向きに寝ることから腰痛を訴える方も
多くいらっしゃいますので、同時に腰痛施術の行うことをお勧めします。

ただし、閉塞型睡眠時無呼吸症候群の方でも、高度の肥満が原因による場合は
鍼灸施術の効果は期待できません。



**この記事の掲載開始:2014‎年‎11‎月‎12‎日
**更新・加筆修正:2016‎年‎11‎月‎25‎日

line_kamome
line_kamome
line_kamome

Copyright(C) 2009-2018 funai-yawaragi.com All Rights Reserved.

ご予約・お問い合わせは

mess_TELnum_close

☆ 私たちの鍼灸施術について

☆ 局所単収縮鍼療法
  (トリガーポイント鍼療法)


☆ その痛みは筋攣縮が原因

☆ 鍼灸施術後の注意点

☆頭部
 ・頭痛
 ・顔面神経麻痺
 ・顎関節症
 ・しゃっくり
 ・睡眠時無呼吸症候群

☆首・肩・体幹
 ・斜頸
 ・首・肩こり
 ・寝違え
 ・背中の痛み
 ・腰痛
 ・殿部痛

☆四肢
 ・スポーツ障害
 ・五十肩
 ・テニス肘
 ・ゴルフ肘
 ・手の親指の痛み
 ・股関節の痛み
 ・恥骨結合炎
 ・膝痛
 ・坐骨神経痛
 ・股間の痛み(陰部神経痛)
 ・ふくらはぎのむくみ
 ・ふくらはぎの痛み(肉離れ)
 ・足底筋膜炎・足底腱膜炎

☆男性のみ
 ・慢性前立腺炎

☆女性のみ
 ・不妊鍼灸

アクセスカウンター
btn_gojokai
btn_kokuhojosei
mess_address
fig_parking
btn_askme
btn_question
btn_linkout
btn_funin
btn_bigan
btn_hajimete
btn_shinQ
btn_toppage
btn_eisei