mess_TelandOpenday
line_kamome
line_kamome
line_kamome

公益社団法人日本鍼灸師会会員
一般社団法人大分県鍼灸マッサージ師会会員
大分市指定はり・きゅう施術所
大分県教職員互助会指定施術所
生活保護法による大分市指定施術所

logo_yawaragi

大分県大分市府内町1丁目にある男性・女性鍼灸師常勤のはり・きゅう・整体治療院。

☆ 私たちの鍼灸施術について

☆ 局所単収縮鍼療法
  (トリガーポイント鍼療法)


☆ その痛みは筋攣縮が原因

☆ 鍼灸施術後の注意点

☆頭部
 ・頭痛
 ・顔面神経麻痺
 ・顎関節症
 ・しゃっくり
 ・睡眠時無呼吸症候群

☆首・肩・体幹
 ・斜頸
 ・首・肩こり
 ・寝違え
 ・背中の痛み
 ・腰痛
 ・殿部痛

☆四肢
 ・スポーツ障害
 ・五十肩
 ・テニス肘
 ・ゴルフ肘
 ・手の親指の痛み
 ・股関節の痛み
 ・恥骨結合炎
 ・膝痛
 ・坐骨神経痛
 ・股間の痛み(陰部神経痛)
 ・ふくらはぎのむくみ
 ・ふくらはぎの痛み(肉離れ)
 ・足底筋膜炎・足底腱膜炎

☆男性のみ
 ・慢性前立腺炎

☆女性のみ
 ・不妊鍼灸

首・肩コリの鍼灸施術について説明します。

~その首・肩コリは、どのような感じですか?~

もし、その肩や首の痛みが我慢できないほど強く、
頭痛・めまい・吐き気・動悸などの症状が伴う場合は、
脳腫瘍などの重篤な病気の場合がありますので、
脳神経外科を受診してください。

循環器系(心臓・肺)の病気でも肩コリ症状が出てくる
ことがありますので、心配なときは循環器系専門の内科を
受診することをお勧めします。

脳神経外科や内科で異常が見られず、それでもその首や肩の
痛みがあって、痛みが日増しに強くなるときは、頸椎ヘルニア
などの疾患が考えられますので、整形外科の受診をお勧め
します。


pic_neckandback2


~鍼灸施術が対象とする首・肩コリ~

整形外科でも重篤な病気が見つからず、原因不明或いは
経過観察のときは、首や肩周辺の筋肉に問題がある
と考えられ、
鍼灸施術が効果的です。


~首・肩コリの原因と鍼灸施術方法 ーその1「鈍痛」ー~

首・肩こりの例として、まず、首の深層の筋肉(後頭下筋群:大・小後頭直筋、
上・下頭斜筋)を鍼灸施術例について説明します。


これらの筋肉は、頭と首との回転と伸展(後に傾ける、頭を支える)に
作用しています。

頭の姿勢を維持するために働く筋肉であることから、デスクワークなど
長時間同じ姿勢を保持するときに、常時緊張しています。

これら後頭下筋群への施術により、
頚(首)肩のこり、頭痛、めまい、耳鳴り、
ストレス症候、不眠、眼精疲労
などに、効果があります。

また、迷走神経(副交感神経)を刺激し、全身調整効果があります。


~首・肩コリの原因と鍼灸施術方法 ーその2「キリキリ痛む」ー~

続いて、肩甲骨の部分が、キリキリとするような痛みを伴う肩コリの
鍼灸施術例
について説明します。

パソコン作業、特にマウスを使った作業などで、肩が常時引き上げられた状態での
作業を続けると、肩甲骨の上(「上角」と呼びます)のところがキリキリと痛く
なることがあります。

これは、僧帽筋の下にある、肩甲骨を引き上げる作用をする肩甲挙筋や小菱形筋の
強い緊張によって起こります。痛みのあるところを強く触れると、ゴリゴリと
筋が硬くなっているのがわかります。

痛みが出るような状態では、筋は過剰な収縮状態(筋攣縮)となり、
無理に引っ張ったり、強く押さえてもなかなか緩まなくなっています。

鍼施術は、このようなキリキリと痛みを伴うほどの肩コリに、
とても効果があります。
このコリの強い部分に鍼施術をすると、局所単収縮と呼ばれる筋の反応により
その硬くなった筋が一瞬で緩みます。

ただ、鍼が筋に触れた状態で筋が強く収縮しますので、鍼の刺激が強く感じられ、
その日一日は鍼の感触が残ることがあります。



**この記事の掲載開始:2014‎年‎11‎月‎12‎日
**更新・加筆修正:2016‎年‎11‎月‎25‎日

line_kamome
line_kamome
line_kamome

Copyright(C) 2009-2018 funai-yawaragi.com All Rights Reserved.

アクセスカウンター
btn_gojokai
btn_kokuhojosei
mess_TELnum_close

ご予約・お問い合わせは

mess_address
fig_parking
btn_askme
btn_question
btn_linkout
btn_funin
btn_bigan
btn_hajimete
btn_shinQ
btn_toppage
btn_eisei