mess_TelandOpenday
line_kamome
line_kamome
line_kamome

公益社団法人日本鍼灸師会会員
一般社団法人大分県鍼灸マッサージ師会会員
大分市指定はり・きゅう施術所
大分県教職員互助会指定施術所
生活保護法による大分市指定施術所

logo_yawaragi

大分県大分市府内町1丁目にある男性・女性鍼灸師常勤のはり・きゅう・整体治療院。

~その痛みはどのような痛みですか?~

殿部(お尻)に痛みが生じている場合、もし我慢できないような
強く鈍い痛みであるとき、腰の病気が原因となっていることがあります。

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症などで
このような痛みが出ることがありますので、
必ず整形外科を受診してください。

また女性の場合、妊娠・出産に伴い仙腸関節と呼ばれる部分が
僅かに緩むことで生じる仙腸関節炎もありますので、
この場合も整形外科を受診してください。

特に妊娠中の場合、安易に湿布等を貼ると胎児に悪影響が
ありますので、掛かり付けの産婦人科医に相談されることを薦めます。



~鍼灸施術の対象となる殿部の痛み~

整形外科の受診で、上記のような病気ではなく、
日常生活はできるけど鈍痛が続くような場合は、鍼灸施術の対象です。

このような痛みは、殿部にある筋肉、大殿筋や中殿筋、
また深部の梨状筋などに原因があると考えられます。
特に、梨状筋の場合は、この筋の間を坐骨神経が通るため、
坐骨神経痛を伴うことがあります。

殿部の鈍痛が生じる原因の多くは「筋のひきつれ(筋攣縮)」で、
殿部の筋に無理な負荷が掛かったときに生じるることが多いです。
具体的には、
・重いものを無理に持ち上げた。
・ストレッチで殿部の筋を引っ張り過ぎた。
・ヨガなどで普段しない無理な姿勢をした。
・ゴルフ等で、殿部の筋に無理な伸びや収縮が加わった。
などです。



~殿部の鈍痛に対する鍼灸施術~

ひきつれが生じている筋に直接鍼を刺入します。
鍼が原因となっている筋に触れることで、局所単収縮と呼ばれる
筋がピクッと動く現象により、筋のひきつれ取り除いていきます。

鈍痛の原因となっている筋のひきつれが解消されることで、
それまであった鈍痛は徐々に消失します。
ただし、殿部の筋は大きく厚いため、筋のひきつれが広範囲に
及んでいることがあります。
このような場合は、一度の鍼施術で痛みが完全に取りきれず、
数回の施術を行う必要があります。


**この記事の掲載開始:2015年‎2‎月‎6‎日
**更新・加筆修正:2016‎年‎11‎月‎25‎日

mess_TELnum_close

ご予約・お問い合わせは

line_kamome
line_kamome
line_kamome

Copyright(C) 2009-2018 funai-yawaragi.com All Rights Reserved.

☆ 私たちの鍼灸施術について

☆ 局所単収縮鍼療法
  (トリガーポイント鍼療法)


☆ その痛みは筋攣縮が原因

☆ 鍼灸施術後の注意点

☆頭部
 ・頭痛
 ・顔面神経麻痺
 ・顎関節症
 ・しゃっくり
 ・睡眠時無呼吸症候群

☆首・肩・体幹
 ・斜頸
 ・首・肩こり
 ・寝違え
 ・背中の痛み
 ・腰痛
 ・殿部痛

☆四肢
 ・スポーツ障害
 ・五十肩
 ・テニス肘
 ・ゴルフ肘
 ・手の親指の痛み
 ・股関節の痛み
 ・恥骨結合炎
 ・膝痛
 ・坐骨神経痛
 ・股間の痛み(陰部神経痛)
 ・ふくらはぎのむくみ
 ・ふくらはぎの痛み(肉離れ)
 ・足底筋膜炎・足底腱膜炎

☆男性のみ
 ・慢性前立腺炎

☆女性のみ
 ・不妊鍼灸

btn_askme
btn_question
btn_linkout
btn_funin
btn_bigan
btn_hajimete
btn_shinQ
btn_toppage
btn_eisei
アクセスカウンター
btn_gojokai
btn_kokuhojosei
mess_address
fig_parking