mess_TelandOpenday
line_kamome
line_kamome
line_kamome

公益社団法人日本鍼灸師会会員
一般社団法人大分県鍼灸マッサージ師会会員
大分市国民健康保険および後期高齢者医療保険指定施術所
大分県教職員互助会指定施術所
生活保護法による大分市指定施術所

logo_yawaragi

大分県大分市府内町1丁目にある男性・女性鍼灸師常勤のはり・きゅう・整体治療院。

ふくらはぎの痛み(肉離れ)に対する鍼灸施術について説明します。


~どのような痛みですか?~

ふくらはぎに激しい痛みが生じて、その後足が付けないほど、
または、歩行が困難なほどの痛みがある場合は、
筋の断裂が疑われますので、すぐに整形外科を受診してください。

ちなみに、肉離れと筋断裂は同じ症状で、筋肉細胞の損傷で発症します。
両者の区別は、その重症度によります。
一般に軽傷~中程度の場合を「肉離れ」と呼び、重症の場合を「筋断裂」と
呼びます。
衝撃が激しいときは、完全に筋が断裂することもあります。


~鍼灸施術が対象となるふくらはぎの痛み(肉離れ)~

軽傷の肉離れが鍼灸施術の対象です。
具体的には、歩行はできるけどふくらはぎに軽い痛みがある、
あるいは、
張ったような感じがして走ると攣ったように痛む。
といった状態のときです。

筋の部分断裂が生じた重度の肉離れの場合も、
発症してから2週間ほど経って、足が付けるような状態となってからは、
鍼灸施術の対象となります。



~軽傷の肉離れの原因~

ふくらはぎには、下腿三頭筋(腓腹筋内側頭・腓腹筋外側頭・ヒラメ筋)
という筋があります。

ふくらはぎに痛みが生じている状態のとき、ふくらはぎを触ると、
内部にぐりぐりした筋が固くなったところがあります。
特に、腓腹筋内側頭と呼ばれる、ふくらはぎの内側の筋に
しこりが出ることが多いです。

当院では、このふくらはぎ内部にあるぐりぐりした筋肉は、
ふくらはぎの筋に過剰な負荷がかかったことで、
筋が部分的に過剰収縮した状態(
筋攣縮となり、
筋が固くなっていると考えています。

下図の解剖図で、黄色にハイライトした筋が「下腿三頭筋」(右足)です。
























~軽傷の肉離れに対する鍼灸施術~

筋攣縮を起こしている筋に対して、
局所単収縮鍼療法を行います。
これにより、過剰収縮している筋が緩み、正常に収縮する
柔軟性のある筋の状態に戻っていきます。

局所単収縮鍼療法では、攣縮した筋に鍼を刺入すると
ビクッと動いたり、症状によってはギュッと筋が収縮します。
このとき多少刺激がきますので、直後は少し歩き難さが
残ることがあります。

しかし、他の施術と同様に、必ず3日ほど様子を見てください。
鍼施術直後の鈍痛が徐々になくなり、それまであった
歩行時の痛みの消失してきます。


~重症の肉離れ(筋の部分断裂)に対する鍼灸施術~

筋断裂を起こした場合、2週間ほど経って炎症が治まってから、
断裂した筋の攣縮を治めていくと有効です。
また、鍼施術によて断裂したところの血行を促し、受傷した筋の
瘢痕化を防ぐことが必要です。

筋断裂後に適切な処置をせずそのままにして、筋が瘢痕化してしまうと、
部位によっては水が溜まることがあります。
特に、ふくらはぎの筋断裂は腓腹筋内側頭で起こりやすいようで、
ここが瘢痕化すると「正座ができない」、「膝裏に頻繁に水が溜まる」
といった症状が出てきます。

この場合、鍼灸施術では、瘢痕化した部分に鍼をして血流を回復させ、
筋をできるだけ元の状態に戻す作業を行います。
ただし、瘢痕は元には戻りませんので、完全に筋が元の状態に戻ること、
つまり瘢痕をなくすことは期待できません。


~肉離れの注意点~

ふくらはぎ内部の筋にぐりぐりしたものが残っている状態は、
筋が攣縮状態、つまり縮まっている状態となっています。
この状態のまま、ダッシュ等の激しい運動をすると
より症状の重い筋断裂や、場合によってはアキレス腱断裂を
起こすことがあります。
できるだけ早めに、筋攣縮を治めることが重要です。

肉離れの原因が、「筋内に疲労物質が溜まっているから、云々」と
説明しているところがあります。しかし、これは逆です。

筋に疲労物質が溜まっているのは、筋が攣縮し(縮まり)固くなって
血流が滞るという、筋の状態の結果で生じているものであって
疲労物質が肉離れの原因ではないと考えます。

発症過程

 筋に過剰な負荷がかかる
   ↓
 筋の過剰収縮(攣縮)が起こる
   ↓
 筋内の血流が滞る(筋組織への酸素・栄養供給が低下する)


回復過程

 筋の過剰収縮(攣縮)を治める
   ↓
 筋の血流が回復する(筋組織への酸素・栄養供給が復活する)
   ↓
 筋が正常な状態に戻る


ですから、肉離れでは、筋が疲労物質を溜める原因である、
筋の過剰収縮状態を治めない限り、正常な状態に戻ることはないと
考えます。

また、このような筋の状態のとき、無理にストレッチをして伸ばしたり、
老廃物を流すといって強く揉むなどを行うと、
かえって痛みが増したり、筋を傷めることがありますので、
注意が必要です。



解剖図は、BIODIGITAL HUMANの画像を使用しています。
https://human.biodigital.com



**この記事の掲載開始:2016年6‎月‎27‎日
**更新・加筆修正:2016‎年‎11‎月‎25‎日

line_kamome
line_kamome
line_kamome

Copyright(C) 2009-2018 funai-yawaragi.com All Rights Reserved.

☆ 私たちの鍼灸施術について

☆ 局所単収縮鍼療法
  (トリガーポイント鍼療法)


☆ その痛みは筋攣縮が原因

☆ 鍼灸施術後の注意点

☆頭部
 ・頭痛
 ・顔面神経麻痺
 ・顎関節症
 ・しゃっくり
 ・睡眠時無呼吸症候群

☆首・肩・体幹
 ・斜頸
 ・首・肩こり
 ・寝違え
 ・背中の痛み
 ・腰痛
 ・殿部痛

☆四肢
 ・スポーツ障害
 ・五十肩
 ・テニス肘
 ・ゴルフ肘
 ・手の親指の痛み
 ・股関節の痛み
 ・恥骨結合炎
 ・膝痛
 ・坐骨神経痛
 ・股間の痛み(陰部神経痛)
 ・ふくらはぎのむくみ
 ・ふくらはぎの痛み(肉離れ)
 ・足底筋膜炎・足底腱膜炎

☆男性のみ
 ・慢性前立腺炎

☆女性のみ
 ・不妊鍼灸

アクセスカウンター
btn_gojokai
btn_kokuhojosei
mess_TELnum_close
mess_address
fig_parking
btn_askme

ご予約・お問い合わせは

btn_question
btn_linkout
btn_funin
btn_bigan
btn_hajimete
btn_shinQ
btn_toppage
btn_eisei