本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。やわらぎ治療院です。

鍼灸施術policy&FAQ

  このページは、以下の3つについて
  掲載しています。
  ★鍼灸施術について
    ・運動器疾患の施術方法
    ・不妊鍼灸
    ・美顔鍼
  ★施術の流れ
  ★よくあるお問い合わせ

topic

鍼灸施術について

方針イメージ

★運動器疾患の施術方法


当院の鍼灸施術についてご説明します。


〜その痛みはどんな痛みですか?〜

肩や背中・腰に、安静にしてても、今までに経験したことのない我慢できない痛みがあったときは、まず病院に行って重篤な病気が原因でないか、医師に診察してもらって下さい。肝臓癌や心筋梗塞でも、このような痛みが出ることがあるからです。

しかし、病院に行っても湿布や痛み止めが処方されただけで、なかなか痛みが治まらない。そして、その痛みが例えば、

・いつも首が凝ってて慢性的に軽い頭痛がする。
・前屈みになると背中がキリっと痛い。
・肩甲骨周辺がギューっと引きつるように痛い。
・腰の横のところがつるような感じに痛い。
・椅子から立ち上がるときに腰に鈍痛があって伸ばせない。
・太腿の付け根あたりが痛くてクルマに乗るときに足を抱えるよう。
・臀部がズーンと痛くて、足にしびれ感まであるように痛い。

あなたの痛みがこのような痛みであれば、それは筋肉に原因があると考えられます。



〜筋肉の痛みには鍼施術がもっとも効果があります〜

このような痛みがあるとき、おそらくあなたはマッサージや整体、或いは保険が使える接骨院に行かれるかもしれません。

しかし、その痛みは治まりましたか?
施術直後はよかったけど、すぐに痛みが元にもどるようなことはありませんでしたか?

その理由は、痛みの原因となっている筋肉が、痛みのない状態に戻っていなからです。

筋肉は、急性あるいは反復性の過剰な負荷(ストレス)や、使いすぎにより帯状の凝りが生じます。
このような筋肉に緊張が高まった状態では、筋肉そのものや筋肉を包む筋膜に無理が力が加わることによって、痛みを生じてしまいます。

また、筋肉が収縮して血管が圧迫されると、筋肉への血流が阻害され発痛物質が産生されることで痛みが強まります。筋肉の収縮が強くなると、『筋攣縮』という筋肉が縮こまって元に戻らなくなる状態になり、更に痛みが出やすくなります。ギューっとした痛みがするのはこのためです。

このような筋肉に痛みが生じた場合、痛い部分を揉んだりストレッチしても逆に痛みが増すことが多く、改善効果はあまり期待できません。

しかし、
鍼施術は直接筋肉に作用することができるため、筋肉を痛みのない状態に戻すことができるのです。

当院の鍼施術は、現代医学に基づいた筋肉の痛みの施術を得意とする、整形外科的鍼灸です。解剖学的に安全な刺鍼術によって、痛みの原因となっている浅層から深層の筋肉までしっかりと施術します。筋肉の痛みでお悩みの方、当院のズーンとした感覚(得気)のある鍼施術がよく効きます。



〜当院の鍼灸施術は刺激量を調整します〜

当院は自由診療ですから、しっかりと効果が実感できる鍼施術を心がけています。

当院の鍼施術は、あなたのお身体の状態や鍼施術の経験の有無、痛みの推定原因を考慮して、様々な種類(太さ・長さ)の鍼を使い分けて施術を行っています。

例えば、あなたが鍼施術初心者あるいは刺激に敏感であれば、通常当院で使用している鍼よりも細い鍼を使用して、少ない刺激量具体的には接触鍼(鍼を皮膚にあてるだけ)や浅く刺す鍼で施術します。
もちろん、鍼施術初心者の方でも、鍼刺激に強い方もいらっしゃいますので、お身体の状態を診ながら必要な刺激量に調節します。

もしあなたが、鍼施術の経験があり、それでもなかなかその慢性的な痛みが軽減できないのであれば、当院では、しっかりとした鍼施術を行います。



〜当院の鍼灸施術その-1-北京堂式鍼施術

いつも首が重だるいとか、立ったままだとすぐに腰が痛くなる、腰が痛くて仰向けに寝ることができない、ちょっとパソコン操作をするとすぐに背中が痛くなる、などの慢性的な不快感や痛みの原因は、インナーマッスル(深い部分の筋肉)にあると考えられます。

日本には、200種類ほどの鍼施術の流派や術式があると言われ、各術式には、それぞれに得意とする疾患があります。当院では、これら数多くの術式の中でも、
運動器疾患の施術を得意とする、
浅野周先生が考案された北京堂式鍼灸を行っています。


当院が北京堂式鍼灸を行う理由は、かつてエンジニアで慢性的な肩・首こりと腰痛に悩まされた副院長が、実際に北京堂式鍼灸施術を体験し、非常に効果が高い施術技術であると感じたからです。

この北京堂式鍼灸とは、現代医学に基づいた外科的鍼施術方法で、解剖学的に安全な鍼の刺入方法によって、
慢性的な痛みの原因となっている、インナーマッスルの施術を可能とした術式です。

北京堂式鍼灸では、鍼を刺すときに捻転(鍼をくるくる回す)や雀啄(鍼を上下させる)などの鍼を動かすことはせず、静かに患部となっている筋肉に鍼を刺入していきます。その後、患部に刺した鍼の効果を上げるため、10分〜20分ほどそのままの状態にし(「置鍼」といいます)、そしてゆっくりと鍼を抜いていきます。

北京堂式鍼灸は、浅く刺して施術する鍼施術と比べ刺激を強く感じるため、施術直後は鍼の違和感が多少残ることがあります。しかし、2、3日もすると自然と違和感が消えて、慢性的な痛みが緩和されてきていることに気付くはずです。

これは、生体としての機能が低下した組織(つまりコリのある組織)が鍼によって刺激を受け、そしてその組織が生体が持っている修復機能によって治癒される(本来の機能に戻る)のに、2、3日を要するからです(諸説あります)。



〜当院の鍼灸施術その-2- トリガーポイント鍼施術〜

もちろん、どのような症状でも深く鍼を刺すわけではありません。

その痛みが慢性的なものでなく、例えば「ここが痛い」と指し示すことのできるようなインナーマッスルに起因する症状ではないと判断した場合は、筋肉の局所単収縮を利用したトリガーポイント施術を行います。

トリガーポイント施術とは、「動いたときに痛む」筋肉の痛み(筋・筋膜性疼痛症候群)に有効な鍼施術方法です。筋・筋膜性疼痛症候群は、筋肉への急性あるいは反復性の過剰な負荷(ストレス)や、筋肉の使いすぎにより生じると言われています。
具体的な症状の例としては、肩の寝違えたようなギューっと引っ張られたような痛みや、腰の横のところのつるような感じの痛み、などがあります。



〜当院の鍼灸施術その-3-全身調整鍼灸施術〜

また、全身がだるいとか、なんとなく内臓器に不調を感じるような症状の場合は、全身調整施術として、手足(肘から手にかけて、膝から足にかけて)への鍼灸刺激も行います。
この理由は、手足へ鍼灸刺激を行うと、「上脊髄反射」と呼ばれる生理的作用により、刺激が脳幹で統合され自律神経を介して全身の内臓反射を起こすからです。
この他にも、胃腸や内分泌系などへの生理的な反射(体性-内臓反射)を使っての鍼灸施術も行っています。



〜当院の鍼灸施術は現代医学に基づいています〜

当院の鍼施術が「現代医学に基づいた」というのは、このように生理学・運動学的なことを十分に考慮し、鍼施術を行うためです。
そして、解剖学的に安全に、浅くも深くも鍼を自由自在に刺入できる技術を体得して、施術に当たっているからです。

もしあなたが、いろいろな施術を受けてもなかなか首や背中や腰の痛みが軽減しないのであれば、一度当院の「整形外科的鍼施術」を受けてみてください。
おそらく、他の施術では受けたことのない感覚が、得られることと思います。

インナーマッスルにアプローチする深刺の鍼施術は、確かに怖いかもしれません。しかし、その痛みや不快感の原因が筋肉にあるのですから、病巣となっている部分を直接施術するのが、最も効果的なのです。
それができるのは、鍼施術以外にないと考えています。



〜当院では灸施術も行います〜

鍼施術は筋肉の痛みには著効があります。
しかし、全身がなんとなくだるいとか、身体が冷えるような感じがするなどの症状の場合は、お灸施術が効果的です。

当院では、直接皮膚に触れない「
円筒灸」や、腹部をやんわりと温める「箱灸」などを使用して、お灸施術をしています。

また、親指を使いすぎて親指の付け根が痛いなど、局所(ピンポイント)に痛みがあるときは、
昔ながらの艾(もぐさ)をひねったお灸もしています。
このお灸はチクっと熱さがきますが、このような痛みにはとても効果があります。



〜いつまでその痛みや不快感を我慢し続けますか?〜

ちょっと勇気を出すだけで、あなたは快適な生活を取り戻すことができます。
当院の鍼灸施術でしっかりと治して、快適な生活を取り戻してください。

私たちがお手伝いします。



〜鍼灸施術適用外の症状にご注意ください〜

ただし、もしその痛みが次のような状態であれば、当院に来られる前に、病院に行って医師の診察を受けてください。

★安静にしても、鎮痛薬の使用でも緩解しない痛みのとき。
★徐々に進行する痛み(どんどん痛みが強くなる)のとき。
★発熱や吐き気、冷や汗を伴う痛みのとき。
★明らかな知覚障害(感覚がない)があったり、しびれ感が強いとき。
★筋肉に力がはいらない。筋肉が萎縮しているとき。

この他、どんな姿勢にしても軽減しなかったり、夜間に痛みが強くなるなど、明らかに身体の異常と思われる症状のとき。

例えば、内臓の疾患でも腰痛の症状が出ることがあります。たかが腰痛、たかが肩こりと楽観視せず、わからないときは、当院にご相談ください。




   はり・きゅう・整体 やわらぎ治療院
           院長・副院長



★不妊鍼灸

不妊鍼灸の問い合わせを多く頂戴しておりますので、当院の不妊鍼灸に対する考えをお伝えします。当院での不妊鍼灸の施術をご希望される際は、以下の内容をお読みになり、当院の不妊鍼灸に対する考え方をご理解の上、ご来院下さいますようお願い致します。


〜受胎させる施術ではありません〜

私達は、不妊鍼灸は、現代医療による不妊治療の補助療法と考えています。

女性の患者様で、妊娠を計画されている方、病院で不妊治療を受けられている方や不妊治療を一時中断されている方、あるいは不妊症ではないけれどこれから妊娠を希望されている方で、「なにか+αのものを」と考えられている方を対象に、
『からだ作り施術』として対応させて頂いています。

『からだ作り施術』とは、「お身体の不快な症状を取り除き、快適な状態に近づけること。」
「妊娠しやすい身体を作ること。」です。

具体的には、
鍼灸によって血行や生体の修復能力を改善して、骨盤内臓器が活発に働くようにしたり、自律神経を安定させ、精神的なストレスを改善することによって、緊張やイライラから解放し、気持ちが楽になるような施術を行います。

つまり「からだ作り施術」とは、
「妊娠しやすいからだに近づけるお手伝いをする施術」であって「受胎させる施術」ではないことをご理解ください。

病院で不妊治療を受けられている方の多くは、不定愁訴、つまり、冷え、腰痛、血お(血液の循環が不調となり血が滞っていること)や精神的な疲労を抱えられていることが多いです。

このような状態を取り除きつつ、併せて不妊に効果があると伝えられる鍼灸施術を行うことにより、現代医学の不妊治療をよりよい方向に向けることができればと考えています。


〜効果はゆっくりと出てきます〜


「からだ作り施術」のよう、ホルモンの作用を促す内分泌系への鍼灸施術では、肩こりや腰痛施術などのようにその場で効果を実感されるものではなく、しばらく時間が経ってから感じられるようです。

その理由は、肩コリや腰痛は「神経系の迅速な調整」によってなされますが、
ホルモン(内分泌系)では「緩慢であるけれど長期的に作用する変化」によって行われるためです。


〜鍼灸施術の内分泌系への作用は、血流を改善することによります〜

ここで少し、専門的な生理学の説明をします。
ホルモンとは、
「内分泌細胞から直接血液中に分泌され、血液循環を介して標的細胞に達し、微量でも特異的な効果を促すことができる。」という作用があります。

妊娠に関するホルモンは、以下のように脳から卵巣に向かって「玉突き」で作用します。

1)脳の視床下部から分泌される「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」
  ↓
2)脳の下垂体前葉から分泌される「卵胞刺激ホルモン」
  ↓
3)卵巣で分泌されるホルモン「卵胞ホルモン(エストロジェン)」

それぞれのホルモンの作用は、
○性腺刺激ホルモン放出ホルモン:「性腺刺激ホルモン」の放出を促します。

○性腺刺激ホルモン:「卵胞刺激ホルモン」と「黄体形成ホルモン」があります。
 ・卵胞刺激ホルモンは、卵巣における卵胞の成熟を促し、卵胞ホルモン(エストロジェン)の生成と分泌を促進します。
 ・黄体整形ホルモンは、成熟卵胞に働き、排卵を誘発します。排卵後は黄体形成を促進し、黄体ホルモン(プロジェステロン)の分泌を増加させます。

○卵胞ホルモン(エストロジェン):卵胞発育、子宮内膜の肥厚や膣上皮の増殖を促します。

これらホルモンの作用に対し、鍼灸施術で子宮・卵巣などの骨盤臓器の血流を改善すれば、作用の向上が期待できるものと考えられるのです。

これらの作用を裏付けるように、当院で「からだ作り施術」を受けられている方にお話しを伺ったところ、
『採卵の際に、これまでよりもいい卵が採れた。』『これまで着床にもいたらなかったけど、今回初めて着床した。』などの、お話を伺うこともできています。

また、当院の鍼灸施術を受けられたのち、無事妊娠・出産に至った女性の患者さんに伺ったお話しでは、出産してから振り返ってみると、「鍼灸施術を受けたことで『体調がよくなった。』、『妊娠できる自信を持てるようになった。』と思いました。」とお身体の変化を感じられるご意見もありました。


ですから、「からだ作り施術」では、少し長い目で効果を確認されることをお願いします。


〜効果は限られています〜

一つ、不妊治療での鍼灸施術の効果について、不妊治療を行っている産婦人科の医師「おちウイメンズクリニック 越智正憲先生」が書かれた論文を紹介しておきます。

越智先生は、医道の日本 第752号(平成18年6月号)「概説 不妊症の検査と治療」の中で、「東洋医学の可能性」として、次のように述べられています(論文抜粋)。

1)東洋医学だけでの機能性不妊症治療の妊娠率は5%以下に過ぎない。その理由は、機能性不妊症の90%以上は、卵管采でのピックアップ障害か精子の受精障害であって、これらの障害には東洋医学の効果は全くない。

2)鍼灸施術(東洋医学)の効果があると期待できるものは、
「胚の質が改善できる」「着床側の子宮内膜の環境が改善できる」の2点。

3)検証では、自律神経の改善により、明らかに子宮内膜の厚さ、形状が改善し妊娠に至った数々の症例がある。

4)理論的には、お血が改善され、卵巣の血流が改善されれば良好卵が採卵できる可能性はあると考えられる。
としています。

つまり、繰り返しますが、当院の「からだ作り施術」の期待効果は、あくまでも病院での現代医学による不妊治療の補間療法です。ですから、鍼灸施術を受けることによって、医師による不妊治療の効果が劇的に上がるなどということはありません。ましてや、鍼灸施術だけで妊娠率が大幅に向上するようなことはありえませんので、その点をご理解ください。


〜「からだ作り施術」について〜

それでは、具体的な当院での「からだ作り施術」についてご説明します。

まず、施術計画としては、一週間に一度、1ヶ月間通って下さい。その間、こちらから指定するツボへの灸施術を、ご自宅でお願いします。1回の施術料金は、3,800円です(初回は別途初診料1,000円が掛かります)。肩こりや腰痛等他の施術が必要な場合は、同時に施術しますと刺激過多となりますので、日を改めて別途それを目的としてご来院下さい。

不妊鍼灸の効果の判断については、鍼灸院では病院で行われている検査をすることができませんので、現在通われている病院等での検査結果や医師の言葉を参考にしてください。不妊治療を一時中断されている方は、基礎体温等でご自身での判断をお願いします。

1ヶ月間(4回)の鍼灸施術で効果を感じることができましたら、そのまま継続して鍼灸施術を受けられることをお勧めします。ただ、改善の効果を感じるには個人差があり、3ヶ月以上かかることもありますので鍼灸施術を継続するか中断するかの判断は、ご自身でお願いします。

ただし、鍼灸で効果があると言われているのは「機能的不妊」であり、「器質的不妊」つまり卵管閉塞や腫瘍等、病的変化のあるものは病院での治療をお願いします。「器質的不妊」の方については、体調管理として鍼灸施術をお受けしますのでご相談下さい。


〜当院での不妊鍼灸の実績について〜

当院では、不妊鍼灸を受療後、来院されなくなった患者さんに対して、その後の状況を積極的にお伺いすることはしていません。

ただ、全く把握していないということではなく、不妊鍼灸以外でも来院されている方にお話では、その後病院での不妊治療と当院の鍼灸施術を併用し妊娠・出産されてらっしゃいました。また、別の方は、「無事妊娠できました。」と報告をして下さった方もいらっしゃいました。

正直なところ、一回だけ受けられる方や途中で来られなくなる方もいらっしゃいます。みなさん、それぞれにお考えやご事情があるのだと思います。

どの程度の方が、妊娠・出産に至ったかは、当院では把握していません。ご本人から報告がない限り、こちらから伺うことはしていません。その理由は、
不妊治療はプライベートな内容で非常にデリケートなことと思うからです。

ありえないような誇大な数字を示して、患者さんを惑わせるようなことは致しません。施術後の追跡調査等は行いません。施術直後にアンケートをお願いすることも致しません。それは自分たちがやられたら、とても嫌だからです。

何かご不明な点などございましたら、当院まで電話あるいはメールにてお問い合わせください。


★美顔鍼

美顔鍼では、個人差はありますが、以下の効果が期待できます。
  1)頬のリフトアップ
  2)大人ニキビの改善
  3)化粧ののりの改善
  4)眉毛の垂れ下がりの改善
  5)むくみや咬筋のコリの改善による小顔

これら以外の症状、例えば以下の症状では、鍼施術として対応致します。
  ★顎関節症
  ★眼精疲労
  ★顔面神経麻痺
  ★三叉神経痛
  他、鍼灸施術が必要と判断された症状

美顔鍼は美容目的であり、施術ではありませんので、大分市国民健康保険助成券、互助会、共済組合の補助はご利用できませんので、ご了承ください。

当院の美顔鍼は、お顔だけに鍼を刺すのではなく、同時に肩、首周辺の血行改善ための鍼施術を行います。ただし、2回目以降の施術では、肩、首周辺の血行改善は不要とお考えの方には、お顔だけの鍼施術も行っています。

★★★施術時には同意書を頂いています★★★

お顔への施術ですので、より細心の注意を払って施術を行っています。しかし、顔には血管が多いため、お客様の体質等により、ごく稀に内出血(青タン)や出血が発生することがあります。当院の美顔鍼で、これまでお顔への施術で内出血が発生したことはございませんが、もし起こったとしても、お化粧のファウンデーションで隠せる程度ですし、一週間から二週間で自然に身体に吸収されます。また、痕が残ることもございません。ただ、鍼の特性をご理解頂き、お客様との間でトラブルを防ぐためにも、美顔鍼をお受けになる場合には、事前に施術に関する同意書に署名をいただいています。ご了承ください。


施術の流れ

  1. 予診表にご記入下さい

    予診表に記入して頂きます。この予診表により、現在の体調やお辛い場所を把握します。
  2. 問診

    施術室内で施術用の服に着替えて頂きます。その後、問診、検査を行い、施術方法について説明します。
  3. 施術

    鍼灸施術、整体施術を行います。鍼灸施術の場合、施術箇所によって40分〜90分掛かります。
  4. 施術後の確認と説明

    施術を通して確認された、あなたのお身体の状態についてと、どの程度施術に通う必要がありそうかなどについて、説明します。
  5. 会計

    受付けに戻って頂き、施術費の会計をお願いします。




FAQ よくあるお問い合わせ

Q. 予約が必要ですか?

Q. どんな服装がいいですか?

Q. 鍼は痛くないですか?

Q. 保険は使えますか?

Q. 深く刺して施術するのですか?

Q. 深く刺して危なくないですか?






予約が必要ですか?

当院は、「予約優先制」で、「完全予約制」ではありませんが、できるだけ予約されることをお勧めしています。予約なしでご来院された場合、その時間に「空き」があれば対応いたします。

しかし、予約されている方の施術を優先するため、もし空きがなければお待ち頂くか、予約一杯のときはお受けできない場合があります。来院されるときは、電話で空き時間をお問い合わせ頂き、できるだけご予約下さい。

また、平日の午前10時〜午後1時と、午後7時〜午後9時の時間帯は、「ご予約のみ」とさせて頂いています。
予約なしでこのお時間に来院されると、「準備中」あるいは「本日は終了しました」となっています。ご注意ください。

ただし、予約をされた場合、無断キャンセルはお断りします。お仕事の都合等あると思いますが、できるだけ直前のキャンセルもしないようにお願いします。予約されたお時間は、あなたのためにお取りしている時間です。そのための準備もしていますし、予約が取れなかった他の患者さんのためにも、無断キャンセルは絶対にしないでください。

また、お約束の時間に遅れるときは、必ずご連絡下さい。あなたの次にご予約されている患者さんの施術開始が遅れることになります。遅刻されたお時間が長い場合は、あなたの施術時間が短くなることがありますので、ご承知おきください。

       FAQのトップへ戻る


どのような服装で行けばいいですか?

鍼灸施術を受けられる方は、当院で準備している施術用の服に着替えて頂きます。この施術用の服は、鍼灸施術が行いやすいように、背中や腰の部分が開くようになっています(背中側がマジックテープになっています)。

整体を受かられる方は、当院で準備している施術用の服に着替えて頂いてもいいですし、ジャージ等の施術を受けやすい服で来院されても構いません。そのまま施術を受けて頂けます。

お仕事帰りに、背広やスカートで来院されても大丈夫ですので、ご安心ください。


         FAQのトップへ戻る




鍼は痛くないですか?

注射鍼よりもずっと細い鍼灸用の鍼で刺されると、少しチクっとすることはあっても、注射針や縫い針を刺されるような痛みはありません。

人間の皮膚感覚には、触覚、温覚や冷覚、および痛覚というのがあります。皮膚表面には、これらの感覚に敏感な部分が点在していて、痛みを感じる「痛点」は皮膚1平方cmあたり100個〜200個あるとされています。この「
痛点」に鍼が刺さるとチクっとした沁みるような刺激がくることがあります。鍼灸師の言い訳のように聞こえますが、これは確率的にどうしても生じるもので、「痛くない鍼」といっても、この痛点に鍼が当たればどうしても痛く感じてしまいます。このチクっとした痛みはよくない痛みですので、その際は必ずお伝えください。鍼を刺しなおします。

チクっとした痛みや電撃のようなしびれ感がなく、鍼をゆっくりと刺していくと「痛み」とは違ったズーンとした感覚がくることがあります。これは「
鍼の響き」とか「得気」と呼ばれるもので、鍼が効いている証拠です。このズーンとした感覚は、好きな人には「これこそ鍼!」と感じるのですが、初めて鍼を受かられる方は驚かれることがありますし、何度鍼を受けてもどうしてもこの感覚が嫌いな方もいらっしゃいます。その際はお伝え頂ければ、得気のない軽い刺激の鍼施術を行います。他の鍼灸院で「痛くない鍼」と表現しているのは、この響き感のない鍼のことです。

        FAQのトップへ戻る


保険は使えますか?

当院は自由診療ですので、基本的に保険での鍼灸施術は行っていません。

しかし、どうしても保険を使って鍼灸施術を受けた方は、償還払いでのみ受付けています。整体には使えません。これは、被保険者(あなた)がまずは当院で施術費を全額支払って頂き、その後被保険者(あなた)が、保険者(健保組合や共済健保)に申請してお金を返してもらう方法です。
保険で鍼灸を受ける場合は、まずは医師から「同意書」をもらう必要もあるなど、手続きが複雑ですので、
まずは加入している保険者(健保や共済などの保険組合)にご相談下さい。

大分市国民健康保険や後期高齢者健康保険にご加入の方は、市から一回あたり1,100円の助成券が出ています。こちらをお使いのほうが、保険で施術をするよりも、よりよい鍼灸施術を提供できます。お近くの市事務所で申請して下さい。

また、大分県教職員の方は、互助会に申請する補助金が使えます。

        FAQのトップへ戻る


鍼は深く刺して施術するのですか?

当院の鍼施術方法は、インナーマッスルの施術ができる「深刺」の施術を行っています。しかし、誰にでも必ず深く刺して施術するわけではありません。当院でも、細い鍼を使って浅く刺したり、鍼を触れるだけの「接触鍼」も行っています。患者さんの身体の状態や症状、鍼に対する感受性などを考慮して、もっとも効果があると判断した方法で施術を行っているからです。私達は、解剖学的に安全に深く鍼を刺す技術を習得していることで、浅くも深くも自由に鍼を刺すことができます。

        FAQのトップへ戻る


鍼を深く刺して危なくないですか?

危なくありません。当院の院長と副院長は、北京堂式の深刺テクニックを習得しています。
「深く鍼を刺すと危険」と言う鍼灸師もいますが、それは安全な刺鍼方法を知らないが故に言っているだけです。

        FAQのトップへ戻る


      このページのトップへ



     メニューボタン